【閲覧注意】 トラヴィス スコットのライブで死傷者多数…あまりにも悲惨な事故現場【アストロワールドフェス2021】

【閲覧注意】  トラヴィス スコットのライブで死傷者多数…あまりにも悲惨な事故現場【アストロワールドフェス2021】

※この記事には、ショッキングな映像が含まれます。自己責任での閲覧をお願い致します。

浮かぶ疑問の数々

現地時間2021年11月5日、アメリカのテキサス州ヒューストンで開催された、

Astro World Festival (アストロワールドフェスティバル)。

ライブパフォーマンス中に群衆事故が起き、300人以上が怪我、10人が亡くなりました。

会場は「nrg park」。アリーナやスタジアムなどが含まれる複合イベント施設のようです。

主なフェスの主催者は、ライブの企画運営を行うLive Nation(ライブネーション) という会社。

そして、ラッパーのTravis Scott(トラヴィス スコット)です。

この記事のTravis Scottの写真は、全て事故当日のパフォーマンス中に撮影されたものを使用しています。

ライブの群衆事故と聞いて浮かぶイメージと言えば、「観客の熱狂が原因」「不運にも起きた悲劇」といったところ。

しかし、本当にそうなんでしょうか?

そこで、Astro World Festival (アストロワールド フェスティバル)についての証言や動画を調べてみることにしました。

すると、見えてきたのは恐ろしいフェスの実態

これは「不運で起きた事故」とはとても思えませんし、「観客だけが悪い」とは言い難いです。

こちらは、当日会場に居合わせた観客の1人が公開した動画です。

医療班のスタッフが心肺蘇生を施しているようです。

脈がなく、非常に危険な状態のようです。

心苦しいことに、命の危険を脅かされたのは彼だけではありません。

負傷者は300人以上に登りました。

なぜ、このような状態に陥ってしまったのでしょうか?

この記事では、会場に居合わせた観客の証言や動画を時系列で整理し、Astro World Festival の全貌を解説します。

そして、公式的には隠され続けている事実を含めてまとめていきます。

実際の会場の様子と生還者の証言

大惨事の始まり

Travis Scott (トラヴィス スコット)が

メインステージに登場する30分くらい前のことです。

観客はお互いに圧縮され、前後に押しあっていました

私は前後左右から圧迫されていました

(エスキンズさんの証言)


https://edition.cnn.com/2021/11/06/us/houston-astroworld-festival/index.html

それは私にとって終わりのように感じました。

周りの群衆がジャンプした時、バランスを取れなくなった。

これで私は死ぬんだと思ったので、とても怖かったです。

何をしたら良いかわからなかった。

目まぐるしすぎて、何もできなかった。

私はただ叫んだ。

(ベルトランさんの証言)


https://edition.cnn.com/2021/11/19/us/lawsuit-280-astroworld-festival-attendees-travis-scott/index.html

午後9時過ぎTravis Scottが登場して、さらに圧迫されました。

一緒に来ていた彼氏に 「ここから出ないと!」と声をかけましたが、

彼は「無理だ!」と言いました。

私は呼吸ができなくなり、意識を失いました。

(エスキンズさんの証言)


https://edition.cnn.com/2021/11/06/us/houston-astroworld-festival/index.html

彼女達の証言から分かることは、あまりにも人が増えて混雑すると、そこにいる人は身動きが取れなくなるということ。

そして、移動しようとしても動けず、自分の体制をコントロールできなくなるのです。

やがて、大勢が自立できなくなると、お互いに押し合ってしまい、前後左右から圧迫されるようになります。

それが長時間続くと、肺を含めて全身が圧迫され、呼吸困難となり、酸素不足となり、失神してしまうのです。

では、大勢が失神してしまうと、どうなってしまうのでしょうか。

ちなみに、「なぜそれほどまでに観客数が増えたのか」という疑問については、次回の記事でまとめます。

呼吸困難者が続出

気絶した人は地面に倒れてしまって、ずっと踏まれていました。

とても混雑していて、人が多すぎました。

バリケードに人々が閉じ込められていました。

それはまさに「死のトラップ」でした。

(ビリー・ナセルさんの証言)

https://edition.cnn.com/2021/11/09/us/houston-astroworld-festival-tuesday/index.html

ナセルさんの言うように、失神してしまう人は地面に倒れます。

しかし、自分の体をコントロールできない人で溢れかえっていて、倒れた人を助けることはできません。

救うことはおろか、倒れている人にさらに重なって倒れたり、足で踏みつけてしまうのです。

また、彼女は「バリケードが死のトラップだった」と表現しました。

「バリケード」と聞くと、一般的には「ステージと観客席を仕切る柵」が思い浮かびます。

なぜそれが「死のトラップ」になるのでしょう。

これがどういう意味なのかについても、次回の記事でまとめていますのでそちらをご覧ください。

私は、警備員の人にバリケードを飛び越えるのを手伝ってもらいました。

彼は「地面に何百人も倒れている。手すりに倒れかかって失神している人もいる」と言っていました。

(ブライアン・エスピノザさんの証言)

https://edition.cnn.com/2021/11/09/us/houston-astroworld-festival-tuesday/index.html

気を失って人混みに倒れた人がいる中、Travis (トラヴィス)の歌声と音楽が鳴り響く様子がアップされていました。

観客達はますます危険な状態に陥り、泣き叫ぶように助けを求めます。

こちらの動画では「Help me!」という声(30秒あたり)もはっきり聞きとれます。

それでもパフォーマンスは中止されないのです。

崩壊した医療体制

こちらは、女性が担架に乗せられている動画です。

医療の現場であってはならない心苦しいアクシデントが起きました。

彼女は意識がない危険な状態にも関わらず、なんと地面に落とされてしまうのです。

このような事態になってしまった理由。

それは、彼女を運んでいるのは救急隊ではなく、ほとんどが警察官だったからです。

なぜプロである救急隊がここに来ていないのでしょうか?

その理由についても、こちらで解説します。

このような状況にも関わらず、警備や誘導、医療措置が間に合っていません。

そして、恐ろしくもパフォーマンスも続行されました。

この時点での怪我人は300人に登ると思われます。

そして、会場は最悪の状況を迎えます。

最悪の状況を迎えた会場

私とブリアナ ロドリゲスは、波のように前後する群衆の動きに飲み込まれました。

地面に叩きつけられた私たちの上に、次々と人が落ちてきました。

空気を吸えなくなって、私たちに重なってきた人達の体重がかかりました。

本当に怖かったです。

(エイデン クルスさんの証言)


https://edition.cnn.com/2021/11/07/us/victims-astroworld-hou

9歳だったエズラ ブラントは、父親のトレストンの肩に乗っていました。

しかし、トレストンは呼吸困難になり失神してしまい、

エズラは肩から落ちて、大人達に踏み付けられてしまいました。

(祖父バーノン・ブラントさんの証言に基づく)


https://edition.cnn.com/2021/11/07/us/victims-astroworld-houston/index.html

非常に心苦しいですが、ブリアナさんも、エズラくんも亡くなってしまいました。

Brianna Rodriguesさん アメリカCNNより

ブリアナさんは地元ヒューストンの高校生。

ダンスが大好きな16歳でした。

彼女の死因は圧迫による窒息死です。

楽しむために参加したはずのフェスで人生がここで終わってしまうとは、少しも思っていなかったでしょう。

Ezra Blountくん アメリカCNNより

エズラ君は脳、肝臓、腎臓に深いダメージを負った状態で入院しました。

昏睡状態でしたが、数日後に亡くなってしまいました。

まだ幼い彼がフェスに参加した理由は、Travis Scottのファンだったからです。

人々が泣き叫び、父親が気絶し、大好きなはずのTravisの声と音楽が響くなか、大勢の大人達に踏まれ続けたのです。

彼がどれほど大きなショックを受けたか考えると、本当に心が痛みます。

無視され続ける観客の叫び

観客席に救急車が到着した時、呆然とそれを眺めるTravisの姿が映っていました。

彼は、一時的にライブを中断することはありましたが、中止にはせずパフォーマンスを続けます。

状況の把握をするため、ステージを一旦後にするといった行動もとりません。

https://www.tiktok.com/@thedeepesthours/video/7028019120415198469?sender_device=pc&sender_web_id=7041526086823609857&is_from_webapp=v1&is_copy_url=0

会場が異常事態にも関わらず中止されないため、観客達は自ら中止を求めるようになりました。

大勢が「Stop the show(ショーを中止しろ)」と声を合わせて叫んだのです。

一方でTravisの様子を見ると、スタッフと何かを確認しているような素振りを見せ、頷いているのが確認できます。

やはり、ライブが中止されることはありませんでした。

https://www.tiktok.com/@thekempire/video/7027586758925700357?is_from_webapp=1&sender_device=pc&web_id7041526086823609857

ついに、事態の深刻さを直談判する観客まで出てきました。

撮影を続けるスタッフに「あそこで人が死んでいる!」と叫び、説得を試みています。

https://www.tiktok.com/@thekempire/video/7027586758925700357?sender_device=pc&sender_web_id=7041526086823609857&is_from_webapp=v1&is_copy_url=0

しかし、カメラマンは彼らを無視

「ここから降りろ」というような仕草をします。

カメラマンは、ライブを配信したApple Music の関係者や、その子会社の人間の可能性が高いでしょう。

一切聞き入れないカメラマンに、彼らは絶望しました。

このような状況にも関わらず、ラストにはゲストのDrake(ドレイク)まで登場。

彼らは、まるで何事もないかのようにパフォーマンスをしました。

@uproxx

The Champagne Papi and La Flame did “Sicko Mode” at #astroworldfestival 🔥🔥 #fyp #astroworld #drake #clb #traviscott #sickomode

♬ original sound – UPROXX Music

結局、ライブは午後10時10分頃に終了、およそ1時間10分に渡って行われました。

午後9時半頃には主催者側に「多数の死傷者が発生している」という報告が入っていたと分かっています。

重大な事故が起きていると明らかになってからも、40分もライブを続けたのです。

ライブの終盤に登場したDrake(ドレイク)。この写真は、11月18日に撮影されています。事故からたった2週間しか経っていないにも関わらず、クラブハウスでのイベントを主催したそうです。SNSでコメントを発表しましたが、活動を自粛したりする気配はありません。

防がれるべきだった大惨事

計り知れない被害

会場付近には、たくさんの献花やお供物が集まっています。

現在分かっているだけでも、亡くなった方は10人

高校生や大学生など、未来のある若者ばかりでした。

怪我人についても、少なくとも300人以上となっています。

未だ危険な状態にある方や、後遺症が一生残ってしまう方もいるかもしれません。

家族や友人、大切な人を失った人も多いでしょう。

大きなトラウマを抱えた人もいるはずです。

Astro World Festival (アストロワールドフェスティバル)は

たくさんの人々の人生を狂わせたイベントになってしまいました。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

そして、心身に傷を負ってしまった全ての方にお見舞いを申し上げます。

浮かび上がってきた恐るべき事実

私が初めニュースを見た時、これは「残念ながら起きてしまった悲劇」

「Travis Scott達に責任はないのでは」とさえ思っていました。

ですが、今思えばそれは大きな勘違いでした。

「息ができない!」「助けて!」と叫び

「ライブを中止して!」と訴える人々を見て、印象が覆ったのです。

私は、当時の会場の動画を見た後、たくさんの情報を集めました。

そして、はっきりと分かったことがあります。

それは、この事故は残念ながら起きてしまった「悲劇」ではないということ。

この大惨事は「防がれるべきだった事故」だったのです。

また、日本では特に、「Travisが死んだのかと思った」

「しばらく活動できないTravisかわいそうだな」

「誰にも責任はないんじゃないか」

「悪いのは観客だ」などというコメントも多いです。

本当にそうでしょうか?

ニュースを表面的にしか捉えていないのではありませんか?

数え切れない問題点と矛盾点

では、あのカメラマンは悪くないのでしょうか?

「人が死んでいる」「ライブを中止してくれ」という観客の直談判を無視するなど、人でなしとしか言いようがありません。

彼は「怪我人が出ているようだが、構わず撮影を続けろ」というような指示を受けていたんじゃないでしょうか?

そして、Travisは本当に観客の声が聞こえてなかったのでしょうか?

聞こえていないフリをしたのではないでしょうか?

Travisがスタッフと何か示し合わせている様子が撮影されていました。

彼もまた、「パフォーマンスを続けろ」ということを言われたのではないでしょうか?

彼には、アーティストとして観客の安全を最優先する責任はなかったのでしょうか?

また、フェスの主催者としても、自ら率先して中止の判断もできたのではないでしょうか?

現在、彼らは「自分に責任は一切ない」と主張しています。

観客を指差して微笑んでいるように見える写真も撮影されています。「観客の声は聞こえていなかった、様子が見えていなかった」「次の日の朝まで何も知らなかった」という言い訳は、あまりにも苦しいのではないでしょうか。

また、負傷者がストレッチャーから落とされるなど、本来あってはならないことです。

救急隊の仕事を、警察官がやらなければいけないほど、医療体制が崩壊していたということの現れだと思います。

さらに、主催者であるLive Nationは、なぜ「たくさんの死傷者が出ている」という警察の報告を40分も無視したのでしょうか?

これほどの大惨事になる前に、防ぐことができたのではないでしょうか?

彼らがライブを中止していれば、ここまで犠牲者は出なかったのではないでしょうか?

救われる命があったのではないでしょうか?

怪我をしなくても済んだ人もいたのではないでしょうか?

そして、彼らはコロナ禍だということを忘れてはいないでしょうか?

私は欧米的な考え方や文化が好きですが、感染への意識の低さについては全く共感できません。

当時のアメリカでは、新規感染者数が1日で10万人を超える日もありました

ソーシャルディスタンスも守られない中、5万人規模のフェスを開くなど間違っているのではないでしょうか?

ワクチンを受けたからと言って、気を緩ませすぎです。

実際、現在は新規感染者数1日100万人も視野に入るレベルになってきています。

アメリカのような国があっては、全世界で収束する日は、いつまでも来ないのではないでしょうか。

観客で溢れ、事故へとつながったのはなぜ?

今回の記事では、会場の混乱を映したリアルな映像をまとめました。

では、なぜこれほどまでに人が溢れ、大惨事となってしまったのでしょうか

調べていくうちに、その理由がいくつも浮かび上がってきました。

次回の記事では、ほとんどの日本のニュースサイトが取り上げ切れていない、驚くべき事実の数々をまとめます。